愛猫に忍び寄る寄生虫から守るのは飼い主の役目

\90秒で注文完了/ブロードラインの購入はこちら

ペットの画像猫を飼う上で特に気をつける必要があるのは健康状態です。

人間は言葉を話せる動物であり、症状なども医師に伝えることができます。

しかし、当たり前ですが猫は言葉を話すことができません。

病気になっていても、どう具合が悪いのかも教えることができないのです。

飼い主はふとしたときでもいいので、愛猫を観察して身体の様子を見てあげることが大事になります。

そうしてあげないと、知らないうちに愛猫が寄生虫に侵されている可能性があります。

寄生虫は猫も気づかないうちに身体へ侵入し、少しずつ猫の体力を奪っていきます。

そのままにしておくと、命の危険性すらあるのです。

 

猫に寄生する主な寄生虫

ペットの画像猫に寄生する寄生虫にも種類があります。特に多いのはノミやマダニ、フィラリアなどです。

これらの寄生虫に噛まれることで、発症する症状について解説します。

ノミによる症状

噛まれるとノミの唾液が猫にとってアレルゲンとなってしまうため、激しい痒みを発症します。

爪などでかきむしってしまうと、その傷口から細菌や別の寄生虫が侵入することもあります。また、ノミの体内には瓜実条虫の幼虫がいることがあります。

ノミは寄生すると猫の血を吸血していくため、貧血や元気喪失、毛艶の消失など発症します。

マダニによる症状

マダニは草むらなどに多く生息しており、気づかないうちに身体にくっついていることがあります。

その部分から吸血を始め、体長は元の100~200倍近くなることがあります。

また、マダニは固定するようにピッタリと猫の身体にくっついているため引き抜くことが簡単ではありません。

猫の血液を吸血し、貧血や皮膚炎を発症します。また、マダニには病原菌を持っているものも存在しています。その病原菌によって、多くの病気になる可能性もあります。

フィラリアによる症状

フィラリアは蚊を媒体にして寄生されます。猫の体内に入ると、肺動脈に寄生して4ヶ月~5ヶ月ほどで成虫になります。

フィラリアに寄生されると、主に呼吸困難や咳、食欲不振や元気喪失、体重の減少といった症状が発症します。

フィラリアは成虫まで成長してしまうと、医薬品では駆除ができなくなり動物病院で手術を行うことで摘出を試みます

しかし、この手術は猫の身体に大きな負担を与えることになります。場合によっては、手術の負担に耐えきれず死亡するケースもあります。

また、フィラリアの成虫は心臓や肺の血管に寄生するため猫がショック症状を発症し、突然死する可能性があります。

 

通販でも購入可能、ブロードラインで予防しましょう

ペットの画像猫たちの健康はもちろん、命すら奪うこともある寄生虫の対策をするには適応した医薬品を使ってあげることが大事です。

数ある医薬品の中で解説するのは「ブロードライン」というものです。

ブロードラインは猫専用の医薬品で、ノミやマダニ、フィラリアの寄生を予防する作用があります。また、回虫や鉤虫といった寄生虫の予防にも利用することができます。

ブロードラインには4種類の有効成分が含まれており、それぞれが寄生虫の予防に効果を発揮します。その4種類の有効成分について解説しましょう。

フィプロニル

猫の中枢神経には塩素イオンチャネルというものがあります。

フィプロニルはこの塩素イオンチャネルとガンマアミノ酪酸受容体を結合させる作用があります。

この結合によって、塩素イオンは流出されなくなります。そのため、体内で異常興奮を起こしてノミやダニといった寄生虫を駆除します。

エプリノメクチン

猫の筋肉や神経細胞にはグルタミン酸開口型塩素イオンチャネルというものがあります。エプリノメクチンはこれと結合する作用があり、塩素イオンの膜透過性が増加されます。

この増加により、過分極という細胞の変化を起こします。

その結果、回虫や鉤虫といった寄生虫を駆除します。

プラジクアンテル

寄生虫は自身の成長のため、グルコースを吸収します。

プラジクアンテルはこの吸収を阻害する作用があります。

乳酸菌を大量に排出させ、寄生虫の代謝そのものを停止させます。

(S)メトプレン

(S)メトプレンにはノミの成長を停止させる作用があります。

そのため、寄生したノミが猫の体内で成長することができなくなります

卵の孵化や幼虫から成虫になって再寄生を行うこともありません。

 

ネット通販で表示されているブロードラインの販売価格について

ペットの画像強力な有効成分で寄生虫を駆除・予防するブロードラインですが、飼い主が効果と同じくらいに気になるのは通販サイトで表示されているブロードラインの販売価格だと思います。

ここで、ある通販サイトで表示されているブロードラインの販売価格を紹介します。

体重2.5キロ未満の猫用

0.3ml、3本入り・・・1箱4,400円、2箱8,300円、4箱15,800円

体重2.5キロから7.5キロまでの猫用

0.9ml、3本入り・・・1箱5,300円、2箱9,600円、4箱17,800円

 

となっており、月に1回の使用を前提に計算すると2.5キロ未満の猫用が1ヶ月1,300円前後、2.5キロから7.5キロまでの猫用は1ヶ月に1,500円前後ということになります。

販売価格だけで判断すると高い薬に思うかもしれませんが、1ヶ月に1,300円から1,500円前後で寄生虫から愛猫を確実に守ることができると考えればそこまで高額な買い物ではないでしょう。

また、動物病院でブロードラインを処方してもらえば、もっと高額になります。

 

ブロードラインの安全性、副作用や注意

飼い主の画像ブロードラインはただ有効成分が強力というわけではありません。

安全性においても、非常に高いものがあります。

ブロードラインの安全性を確かなものにするため、過去には臨床試験も行われています。

その臨床試験の内容と結果を紹介します。

 

・生後7週間以上の猫に有効成分が5倍含まれたブロードラインを4週間に1回投与…重篤な副作用、その他の異常発症なし。

・フィラリアに感染済みの猫に有効成分が3倍含まれたブロードラインを3回投与…重篤な副作用、その他の異常発症なし。

 

この臨床試験の結果から、ブロードラインは副作用などの症状が発症する可能性が低く安全性の高い医薬品であるということが分かります。

 

安全性は高いブロードラインではありますが、100%副作用が起きないという保証はありません

飼っている猫の体質や持病によっては、副作用等の症状が発症する可能性は少なからずあります。

 

飼い主の画像ブロードラインの使用で起こる副作用は主に下痢や食欲不振、筋肉の震えや蕁麻疹、かゆみや不活発、皮膚の発赤や脱毛、毛の変色といった症状です。

また、舌で舐めてしまった場合は嘔吐や流延が発症することがあります。

 

ブロードラインは猫専用の医薬品となっているため、他の動物には使用できません。

高齢の猫や持病持ちの猫は慎重に使用する必要があるため、事前に獣医師に相談することを推奨します。

生後7週間未満の子猫や妊娠中、もしくは授乳中の猫には使用できません。

 

 

ブロードラインをネット通販で購入する際は口コミで情報を集めよう

飼い主の画像購入したことがないものというのはブロードラインに限らず、たくさんの情報を集めてから購入すると思います。

情報を集める方法はいろいろありますが、ブロードラインを購入するときに1番効率の良い情報の集め方は「口コミ」を確認していくことです。

ドラッグストアで医薬品を購入するとき、何か気になることがあればすぐに薬剤師などに聞くことができます。しかし、ネットで医薬品を購入するときは薬剤師に聞くということはできません。

ネット通販を利用するときに商品に関する疑問を持ったときはこの口コミが、薬剤師代わりのような役割を果たすのです。

書き込まれている内容は実際に猫に使った飼い主の口コミになっているため、リアルで信憑性のあるものといえます。

ここで、どのような口コミがあるか紹介していきます。良い評価の口コミも役立ちますが、悪い評価の口コミも参考になるので両方紹介します。

悪い評価の口コミ

タイガーマンマスクさん

使いやすいと聞いていたので、簡単だと思っていました。でも、不器用な私にはちょっと難しかったです。1本無駄にしてしまいました。

以前はスポイトタイプだったのですが、シリンジタイプのブロードラインは飼い主もちょっと苦労しそうです。

チョコレートさん

薬剤を付ける部分にはけっこう気をつけた方がいいです。

私はそこまで考えていなかったので、せっかく使ってもすぐにペロペロ舐めてしまいました。

おかげで、お腹を壊してしまいました。

アメリカンフードさん

副作用はあまり起きないと思っていたのに、うちの子に限っては使う度に下痢気味になっています。

ひどい下痢ではないですが、飼い主としては見ていて心苦しく感じます。

愛猫のことを考えると、別の医薬品の方がいいと思いました。

 

これらの口コミからは猫の体質によってはある程度の副作用があること、慣れない間は使いにくく感じることがあるということが分かります。

口コミを調べないとこのようなメリットやデメリットもわかりません。口コミは調べるだけ商品の購入や使用の失敗する可能性を減らすことができるのです。

 

良い評価の口コミ

犬フードさん

元々はノミ、ダニ用とフィラリア用の2種類を使っていました。

でも、ブロードラインは1つで片付くので手間が省けて助かっています。思っていたよりは簡単に使えるところもいいと思いますね。

ミルクスキーさん

動物病院でもブロードラインを処方してもらっていましたが、あまりに高くて正直ストレスでした。しかし、ネットならすっと安く購入できたのでびっくりしました。

こんなことなら、最初からネットで買っとけばよかったなと思います。

アイケンは家族さん

うちには2匹の猫がいて、両方ともこのブロードラインを使って予防しています。

使い始めて半年以上経ちますが、副作用などの症状は一切ないです。安全性はけっこう気にしていたのでブロードラインは良い予防薬だと思います。

 

ブロードラインをネット通販で購入するときは個人輸入代行を利用

飼い主の画像ブロードラインはネットで購入できますが、知名度の高い一般的な大手通販サイトは利用しません。

なぜなら、ブロードラインは一般用医薬品には分類されていないためです。

ブロードラインをネットで購入するときは、海外のお店から個人輸入で購入することになります。

個人輸入はいろいろと面倒で、関税なども自分で処理する必要があります。

でも、個人輸入代行サイトを利用すれば面倒なことは一切ありません。

大手通販サイトと同じようにブロードラインを購入することが可能です。

しかし、個人輸入代行サイトの中には悪質なサイトも混じっていることがあるため注意が必要です。

悪質なサイトで購入すると、

・正規品ではなく、欠陥品や偽物が届く

・商品を使用したことが原因で、健康的な被害が出た

・購入のキャンセル手続きができない

などの問題を起こすことになります。また、個人輸入は代行サイトを通して利用しても問題はすべて購入が負担することになるのが決まりです。問題が解決する見込みがほぼ無いのです。

被害に遭わないためには初回の利用時に、そのサイトが安全であることをしっかりと調べる必要があります。

 

ネット通販で購入すれば、ペットも喜ぶ?

ブロードラインの画像ネットでブロードラインを購入すれば、経済的な負担が減ることは間違いありません。

でも、メリットは他にもあります。

その一つが、ペットの精神的なストレスを減らすことです。

動物病院で処方してもらう際は、診察も兼ねてペットを診てもらう必要があります。

しかし、動物病院はペットにとってすごくストレスを感じる場所となっています。

動物病院にはいろんな動物が診察を待機しており、いろんなニオイや鳴き声なども聞こえるでしょう。

警戒心が非常に強い猫は、このストレスを強く感じることがあります。

そうなると病院で暴れたり、鳴いたりしてしまいます。また、他の動物たちと喧嘩を始めてしまうこともあります。

そして、下痢や嘔吐のような症状を起こしてしまう猫もいます。

ネット通販ならペットを動物病院に連れていくような手間は必要としません。

猫に余計なストレスをかけることなく、ブロードラインを購入して予防・駆除を行うことができます。

ブロードラインの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました