外部寄生虫に有効な薬|危険な害虫は徹底的に駆除しよう/害虫駆除に有効な犬の薬をご紹介

外部寄生虫に有効な薬

ピンク色の錠剤

寄生虫は主に、外部寄生虫と内部寄生虫の2種類に分類されます。
ノミやダニは外部寄生虫、フィラリアは内部寄生虫です。
どちらにしても、愛犬に寄生されてしまっては深刻な症状を引き起こす原因になってしまいますので、それらしき症状が出た場合はすぐ犬の薬を使って駆除・予防してあげましょう。
外部寄生虫と内部寄生虫とでは投与する犬の薬が違いますので、混同させないように気をつけましょう。

まずノミやダニをはじめとした外部寄生虫に有効な治療薬から紹介していきましょう。
種類はたくさんありますが、その中でも特に知れ渡っているのがフロントラインではないでしょうか。
これは動物病院からもよく処方される医薬品です。
ノミに対しては投与してから24時間で、ダニに対しては投与してから48時間で完全に駆除を済ませてくれます。
また、タマゴや幼虫に対してはその成長を抑制するはたらきがあるため、これ以上の繁殖を防ぐことももできます。
ありがたいことに1ヶ月ほどは効果を持続させてくれるため、毎月1度の投与で予防薬としても活躍してくれるのです。
フロントラインにはスプレータイプやスポットオンタイプなどの外用薬もあるため、錠剤が苦手な犬にも簡単に投与できますよ。

この他にもアドボケートなどのノミ・ダニ駆除薬がありますので、それぞれの特徴を理解したうえで最も愛犬に適したものを購入してあげましょう。